大人ニキビを治す方法

大人ニキビを治す方法

大人ニキビ いつまで

学生時代から大人になる現在までニキビに悩んでいる方や、学生時代はニキビには無縁だったにもかかわらず大人ニキビになる方もいます。 大人ニキビはいつまで続くのだろうと思う方も多いようです。思春期とともに体の成長により肌の構造など変わっていきます。そして20代後半で 皮脂増加のピークをむかえ、それから歳を重ねるにつれて皮脂量がだんだんと落ちていき毛穴に皮脂詰まりが起きないことから30歳を越えると できにくくなります。それでも大人ニキビになってしまう方がいます。どうしてでしょうか?次の章でご説明します。

大人ニキビ ひどい

からだの構造上、30歳を越えてからもニキビになりにくくなりますがむしろ年齢を越えてからニキビに悩む方もいます。 こういう方々を大人ニキビといいます。原因として考えられるのは仕事によるストレスと生活習慣の崩れです。 大人同士なので付き合いがあるとどうしても断れずに深酒をしたり、夜遅く帰ってきてコンビニの弁当を買って食べたりと こうした習慣が日常的になると大人ニキビをひどくしてしまいます。また歳をとるごとに肌は硬くなっていきます。 ニキビに大敵な皮脂はおさまりますがまったくでなくなることはありません。皮脂は肌を守る潤滑油なのである程度の量は必要です。 肌が硬くなり毛穴も硬くなると皮脂を外にだすことができません。肌が乾燥しているしているため外的(ダニや細菌)によるバリアが不十分で 化膿したひどい大人ニキビになることになります。

大人ニキビを治す方法1日でも早く

1日でも早く大人ニキビを治す方法は生活習慣の改善はもちろん大人ニキビのスキンケアが重要です。 特に化粧水は重要です。肌を柔らかくして毛穴に柔軟性をもたせます。毛穴が柔らかいほど皮脂の排出がスムーズにされるので ニキビ予防になります。男性で化粧水?と躊躇される方も多いですが今はお店で買わなくてもインターネット上で大人ニキビケアの化粧水を 買うことができるので恥ずかしい思いをすることはありません。毎日化粧水を使い続け肌のハリや柔軟性をもたせることが大人ニキビを治すのに1日でも早く近づきます。

妊娠後のニキビ跡ケア

妊娠中には胎児を生む体勢にからだがきりかわるので体調の変化が起こりニキビになりやすくなります。 妊娠中はできるだけ安静にしなければいけませんので動けない分からだにストレスがかかります。 食事も胎児によいメニューを選び自分よりも我が子に良いことをするのが親心です。 それでも妊娠 ニキビをほっておくと シミになり後々跡が残ったままの状態になることもあります。そうならないためにも化粧水をたっぷりつけて肌をみずみずしく保ちましょう。 オルビスは漢方薬が化粧水の成分なのでおすすめです。

背中にも化粧水を

背中ニキビも顔同様に肌質が硬い状態だとうまく皮脂を外にだせずに詰まってニキビになります。オルビスのスプレータイプの化粧水ならば 背中にかけやすく使いやすいです。背中の肌にも化粧水をつけて肌質を柔らかくしましょう。 背中ニキビ 治す方法